横浜川崎エリアの屋根修理・雨漏り修理は【トータルライフ】

簡単お見積フォーム
横浜・川崎エリアの屋根修理・雨漏り修理はトータルライフにお任せ下さい。業界最安値に挑戦中です。

屋根修理

ROOF REPAIR
屋根は住宅の命であり、雨漏りをしてしまうと室内や屋根裏、柱まで腐食させてしまいます。最悪の場合、ご自宅に住めなくなってしまうこともあります。
屋根の種類によって劣化時期の多少の前後はありますが、経験豊富な弊社がしっかりとサポート致しますので是非お気軽にご相談ください。
スレート屋根
スレート屋根(化粧スレート)は、デザイン性が高く、薄く軽量で耐震性に優れているのが特徴で、日本各地で広く普及しています。

スレート屋根は、10年経つとだんだんと表面の塗装がはがれてきて劣化が早まります。
そのため、長く使うには定期的なメンテナンスが必要になってきます。

メンテナンス時期:10年~25年

補修工事
棟板金内部の貫板取り替えや、釘の打ち直しなどカバー工法や葺き替えをする必要がない場合に、スレート屋根を長く持たせる為の補修工事です。
補修と同時に、色あせによる塗装などの撥水メンテナンスも検討してください

カバー工法
屋根材を交換するのではなく、その上から新しい屋根材を施工する工法です。
葺き替え工事より費用面でメリットがあるので、こちらをおすすめすることがあります。

葺き替え工事
著しい劣化、割れやズレなどの破損がある場合や、既に雨漏りなどの実害が発生している場合は、葺き替え工事をおすすめします。
基本的には下地が傷んでしまっている場合は、葺き替え工事の必要があります。
瓦屋根
屋根材や防水シートは、経年劣化によってメンテナンスが必要になるものです
瓦の耐用年数は40年以上と非常に長いのですが、漆喰や防水シート、野地板が瓦材より早く劣化してしまう為、棟瓦取り直し工事や葺き直し工事を早めにする方がほとんどです。

メンテナンス時期:20年~30年

補修工事
漆喰の割れや穴、瓦のズレによる雨漏りを修復する工事です。
屋根の損傷具合によっては、他の工事方法をおすすめすることがございます。

棟瓦取り直し工事
棟瓦を撤去した後、中に入っている土や銅線を新しいものに変え、既存の瓦材を積み直します。
棟瓦のみが破損し、下地に影響がない場合はこの工法をおすすめします。

葺き直し工事
屋根を全撤去した後、野地板や防水シート、土や漆喰等を交換してから、既存の屋根材を使用して葺き直すリフォーム方法です
会社情報
株式会社トータルライフ
住所
横浜市緑区霧が丘6-1-1₋17-401
TEL
045-924-1124
FAX
045-924-3707
  • 施工実績
  • 会社案内

PAGE TOP