お掃除テクニック 湯垢・石鹸カス編

浴室の湯アカ・石鹸カス

浴室の湯垢汚れは、石鹸カスや皮膚の老廃物、皮脂、ホコリ等の汚れが結合した物です。
石鹸カスは、石鹸成分や体から出た皮脂成分と、水道水のカルシウムが結合して出来る物で、水には溶けません。

又、浴槽の縁や浴室の鏡にも、白いモヤモヤとした汚れがつきます。これらはすべて、水が乾く時に水の中に溶けているカルシウムの成分が残った物で、毎日少しずつこびりつき、長い間に頑固な白い汚れとなった物です。

こうなると、市販の洗剤でいくらがんばっても、落とす事は大変な作業です。

このような汚れがこびりついてしまった場合は、浴室用洗剤とブラシでこすってなかなか落とせません

そんな時は湿布をしてみましょう。

方法は簡単で浴室用洗剤を塗ってキッチンにあるラップを張り付けるだけ。

色の濃い浴槽や人造大理石など一部のの浴槽は変色くする可能性もありますので、必ず目立たない場所で試してから作業ください。

洗剤を塗って湿布をしたら、少し時間をおくと汚れが浮いてきますのでスポンジでこすってあげると比較的簡単に落ちます

汚れが溶けやすいよう、浴槽に傷がつかぬようお湯を流しながらおそうじするが良いでしょう