自分で行う排水口のお手入れ

普段のお手入れ 排水口編

キッチンや浴室・洗面ボウルの排水口ってすぐぬヌルヌルが出てしまうし、髪の毛がたくさん詰まって触りたくないですよね。

しかし汚れたままだと排水が悪くなり悪循環でどんどん汚れていき、雑菌が繁殖し臭いも発生します。
今回はその排水溝のお掃除の仕方をご紹介致します。

排水口の汚れの原因

まずは汚れの原因ですがキッチンの場合は食べ物残りかす等を主な原因に浴室や洗面所の排水溝は石鹸の残りや髪の毛などが残り湿気や水滴と一緒になり雑菌が発生しカビが生えてきてしますのです。

排水口の効率の良い掃除

ではどうやってお掃除するのが一番効率よく簡単にきれいになるのでしょうか。

最近はパイプ用洗浄剤など市販で色々な商品が売ってますが、コストパフォーマンスの良い方法としてはご家庭にある物を使ってこまめにお手入れすることによって比較的簡単にきれいにできます。

それはどこのご家庭にも大抵ある『キッチンハイター』を使います。薬局やスーパーどこでも100円以下で手に入りますね。

そもそもキッチンハイターの主な成分は次亜塩素酸と言って除菌や漂白に効果があるものです。

実はこの次亜塩素酸、濃度や内容物のバランスこそ違いますがパイプ用洗浄剤やカビ取り剤にも主成分として使われています。

つまりキッチンハイターでも普段このお手入れとして排水口の掃除やカビ取りが十分できるのです。

使い方はキッチンハイター1に対し水5~10位の割合で薄めて気になるところに塗るだけです。

スプレーで吹くと洗剤成分が飛散し吸い込みやすく苦しいので小さなカップみたいなのに入れて刷毛やブラシで塗るのが良いと思います。

まずは排水トラップなど簡単に外せるパーツをを外し使い古しの歯ブラシなどをうまく使い各パーツを洗剤で洗います。

排水口の内側など黒く変色してしまったところは塗った後少し放置して時間をかけ洗剤を浸透させてからブラシとかでこすると簡単にきれいになります。
キッチンハイターを薄めて色々な場所を除菌しながらお掃除しちゃいましょう!

清掃時の注意点

キッチンハイターには漂泊効果がありますので色が抜けやすいものには使用できないのでご注意ください。例えば 布製品・白木・色の濃い浴槽などは偏食の恐れがありますので十分薄めてから作業をしてみましょう。それからもう一つ洗剤の塗り方ですが均一に塗るよう心がけましょう洗剤が垂れた跡が出るとそれもまた色抜けの原因となります。