フロアコーティングの大切な技術 トラブル補修

フロアコーティングの大切な技術 トラブル補修

フロアーコティングの技術で大事なことの一つにトラブルシューティング技術がといっても良いかもしれません。

以前当社でフローリングの水性いウレタンコートを施工したお客様からカビが生えたので拭いたらコーティングが剝がれてしまったとご相談を受けました。

早速伺うと・・・

 ん~~見事に剝がれてしまっていんす(・_・;)

通常の生活ではさすがにここまでガッツリ剝がれないのですが、お話を伺うと

北側の洋室を寝室にしていて、床に隙間の空かないピッタリとしたローベットを使われていたそう。

なんとなく嫌な予感がして、ベットをひっくり返してみたら白くカビがびっしり発生してしまったということみたいです

おそらくですが、その時点ではコーティングはきちんとしていたようですが、カビにびっくりしてキッチンハイター等で除菌しながら拭いたのが剥がれしまったという流れと思われます。

湿気でコーティングが微妙に弱くなってたのかもしれませんし、キッチンハイターは結構強い洗剤なので拭いたらやはり剝がれてしまいます。

という事で手間代だけ頂き格安で補修!

 

どうです!?

元通りピッカピカになりました(●^o^●)!!

水性ウレタンコートのデメリットとしてハードコートと比べ弱いというのがありますが、当社では逆に長所ととらえ再施工や補修を行う事でフローリングの保護や美観を長期間保てるととらえています。

お客様にも喜んでいただき再施工できるコーティングを選んでで良かったと言っていただけました。

最後に湿気対策とコーティングのお手入れ方法を改めてご説明し作業完了です!

しっかりとした技術と知識があればトラブルが起きてもきちんと直せますのでご安心ください。

補修もピッシッと決まり、お客様にも喜んでもらえ
『やるやん俺!!』と心の中でボソリと言ったのは言うまでもありませんw