Home » 'おそうじ豆知識'

普段のお手入れ 浴室 鏡編

普段のお手入れ 浴室 鏡編

浴室の鏡ってほおっておくと白いモヤモヤが出て見にくくなってしまします。

そもそも鱗(ウロコ)汚れは、水道水に含まれるカルシウム、シャンプー、石鹸、アカなどが鏡表面に付着し、固形化したもで、非常に硬くて分解しにくく、洗剤でこすった程度では、なかなか落とすことができません。

大事なのは普段の予防策というかお手入れです。
第一に鏡を濡れたままにしておかない事です。
方法は簡単でお風呂に最後に入った方は必ず出る時に鏡の水滴を取ってあげるだけです。
このときに役立つのはガラススクイジーです

最近はホームセンタなどで取り扱っていますし、そんなに高いものではありませんので一家に一つあるとよいでしょう。

これを使ってお風呂を出る時に鏡を軽くかっぱいで上げるだけで鱗汚れが付きにくくなります。

やってはいけない お掃除 ガラス編

やってはいけない お掃除 ガラス編

ガラスの掃除をするときになかなかキレイにならなかったり拭きむらが出てしまうことってよくありますよね?

これは汚れた雑巾でガラスの汚れをただ伸ばしでいるだけの状態になってしまっているからどんなに一生懸命拭いたとしてもきれいになりません。

ばっちりキレイにするにはガラス面に汚れを残さないことが重要です

こんな時に役立つのは最近ホームセンター等にも取り扱いが増えてきた水切り(ガラススクイジー)を使うのが一番です

値段の安いもので充分です。探せば千円以下で見つかります。

まずは良く濡らした雑巾でガラス全体の汚れを浮かします。ものすごく汚れている場合はほんの少しキッチンの中性洗剤を使うといいでしょう(洗面ボウルに中性洗剤をほんの数滴たらしその液体を雑巾に含ませます)

そうしたら濡れた状態のガラスをスクイジーで恥から順に上から下へ真っ直ぐかっぱいでいきます。

すると水分と一緒にに汚れが下に落ちていきますのでガラス面に汚れが残らずにすみバッチリきれいに仕上がります。

そして仕上げ拭きをする場合は常にきれいな雑巾を使うことにより汚れの再付着を防げます。

地球にやさしい お掃除 お風呂編

地球にやさしいお風呂掃除

風呂掃除は重曹と酢で

浴室は様々な汚れがありますが、大まかに分けて2種類の汚れがあります。
1つ目は石けんカス、湯垢と呼ばれるもの2つ目は白いうろこ状の水垢汚れです。

これらの2つの汚れは性質が全く異なるもので掃除のしかたを別々に考えなければなりません

まずは石鹸カスですがこちらは重層を使って落としましょう
重曹を熱いお湯に溶かし、重層溶液を作ります
温度が熱いうちに使えばせっけんカスなどが溶けやすくお掃除も楽です
頑固な汚れを落としたい時にクレンザーの変わりになるのが、重曹ペ ーストです。重曹を少量の水で溶いたものが代用となります。

浴槽のふちや鏡にできたうろこ状の汚れはお酢を使って落とします。
時間をかけてお酢の成分を利かせたほうが楽なので塗ってからラップをするなど少し浸け置くと楽に落とせます。

汚れの性質ごとに使用するものを使い分けておそうじするのが無駄な労力を使わない1番のポイントです。

お掃除テクニック 湯垢・石鹸カス編

浴室の湯アカ・石鹸カス

浴室の湯垢汚れは、石鹸カスや皮膚の老廃物、皮脂、ホコリ等の汚れが結合した物です。
石鹸カスは、石鹸成分や体から出た皮脂成分と、水道水のカルシウムが結合して出来る物で、水には溶けません。

又、浴槽の縁や浴室の鏡にも、白いモヤモヤとした汚れがつきます。これらはすべて、水が乾く時に水の中に溶けているカルシウムの成分が残った物で、毎日少しずつこびりつき、長い間に頑固な白い汚れとなった物です。

こうなると、市販の洗剤でいくらがんばっても、落とす事は大変な作業です。

このような汚れがこびりついてしまった場合は、浴室用洗剤とブラシでこすってなかなか落とせません

そんな時は湿布をしてみましょう。

方法は簡単で浴室用洗剤を塗ってキッチンにあるラップを張り付けるだけ。

色の濃い浴槽や人造大理石など一部のの浴槽は変色くする可能性もありますので、必ず目立たない場所で試してから作業ください。

洗剤を塗って湿布をしたら、少し時間をおくと汚れが浮いてきますのでスポンジでこすってあげると比較的簡単に落ちます

汚れが溶けやすいよう、浴槽に傷がつかぬようお湯を流しながらおそうじするが良いでしょう

普段のお手入れ 排水口編

普段のお手入れ 排水口編

 

キッチンや浴室・洗面ボウルの排水口ってすぐぬヌルヌルが出てしまうし、髪の毛がたくさん詰まって触りたくないですよね。

しかし汚れたままだと排水が悪くなり悪循環でどんどん汚れていき、雑菌が繁殖し臭いも発生します。

最近はパイプ用洗浄剤など市販で色々な商品が売ってますが、ご家庭にある物を使ってこまめにお手入れすることによって比較的簡単にきれいにできます。

それはどこのご家庭にも大抵ある『キッチンハイター』を使います。

そもそもキッチンハイターの主な成分は次亜塩素酸と言って除菌や漂白に効果があるものです。

実はこの次亜塩素酸、濃度や内容物のバランスこそ違いますがパイプ用洗浄剤やカビ取り剤にも主成分として使われています。

つまりキッチンハイターでも普段このお手入れとして排水口の掃除やカビ取りが十分できるのです。

使い方はキッチンハイター1に対し水3~5位の割合で薄めて気になるところに塗るだけです。

スプレーで吹くと苦しいので小さなカップみたいなのに入れて刷毛やブラシで塗るのが良いと思います。

浴室の排水口は塗った後少し放置して時間をかけ洗剤を利かしてからブラシとかでこすると簡単にきれいになります。

キッチンハイターを薄めて工夫し色々な場所をお掃除しちゃいましょう!

※漂泊効果がありますので色が抜けやすいものには使用できません(例えば 布製品・白木・色の濃い浴槽など)

Page 18 of 18« First...1415161718

横浜川崎を含むハウスクリーニングやエアコン洗浄のトータルライフ対応エリア
世田谷区・杉並区・中野区・練馬区・大田区・目黒区・品川区・渋谷区・新宿区・千代田区・中央区・港区・町田・調布・府中・稲城・多摩・八王子・日野・立川
横浜・川崎・相模原市・大和市・座間市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・横須賀・逗子市・葉山町・海老名市・厚木市・綾瀬市・寒川町・平塚市
エアコン洗浄とハウスサービス横浜川崎ならのトータルライフお問合せ